「私の震度6の被災体験談」の記事一覧

【今すぐ】災害時に家族と避難場所や連絡方法を話し合いする必要

災害時に家族と出会うために 私の震度6の被災体験談

私が当時、実家で被災した阪神大震災の日は、冬の早朝でしたので真っ暗な時間帯(午前5時46分)でした。 私の体験談 家族全員がまだ就寝中ということもあり、今思うとみんなが側にいたので良かったです。 暗闇の中、階段を下りてい・・・

震度6の強さの例と実際の被害はどれくらい違うか?【私の体験】

私の震度6の被災体験談 震度6・7を生き残る為に

1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、実家にて震度6を経験しました。 築年数の古い木造住宅でしたので、あの日初めて聞いた地面の底から突き上げるような地響きと、瓦のガシャ!ガシャ!柱のギシッ!ギシッ・・・

ページの先頭へ