大地震の地割れ

1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、実家にて震度6を経験しました。

築年数の古い木造住宅でしたので、あの日初めて聞いた地面の底から突き上げるような地響きと、瓦のガシャ!ガシャ!柱のギシッ!ギシッ!という凄まじい音で、私の叫び声なんてかき消されるぐらいの激震でした。

地震で焦るSASAE
私の体験談

上の画像はイメージですが、私の実家も一筋向こうの道路は中央線に沿って亀裂が入り、街路樹の根元は液状化して土が噴出していました。そして、その道沿いの住宅はドミノ倒しのように傾いたり、全半壊しました。
…あの瞬間にこれだけのことが起きていたなんて。

※当日の詳細や体験談は、また順次更新させていただきます。

スポンサーリンク

【震度6】私や家族や家の様子は?

スポンサーリンク

震度6はどれぐらいの揺れか?

気象庁の震度階級
気象庁発表の公式な震度階級を参考にして、震度6の強さの例と私が実体験した被害について、どれぐらい違うか比べてみました。

結果として、震災後に発表された実家周辺の震度はデータ通り正確であり、強さのレベルは『震度6弱』とうことが分かりました。

(出典:気象庁の震度階級参照)

例と合わせて、私の体験談の違いをみてましょう。

(震度6弱の例)
立っていることが困難になる。

地震で焦るSASAE私の体験談

がベッド上で左右に大きく揺さぶられている時、私の叫び声を聞いて助けに来ようとした父は、階段から転落する恐れがあるほどの立っていられない揺れで廊下を渡れず、部屋から出られませんでした。

→ほぼ同じことが起きる


(震度6弱の例)
固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。
ドアが開かなくなることがある。

地震で焦るSASAE私の体験談

天井の照明器具は抜けて電球がぶっ飛び、両親の婚礼タンスは上下に抜けて上部が部屋の反対側の壁までぶっ飛んでいってました。

テレビも棚から落ちて、ベッドの横にあったガラス戸棚付きの勉強机は、私のすぐ頭上で傾きながら止まっていました。(←窓のサッシが歪んで、机の角が引っかかってくれたため。奇跡的。
…そうでなかったら顔中にガラスが刺さり、重い図鑑で目や鼻や歯はヤバいとこでした。
)

→ほぼ同じことが起きる


(震度6弱の例)
壁のタイルや窓ガラスが破損。
落下することもある。

地震で焦るSASAE私の体験談

最初の縦揺れで家中の窓ガラスのカギが開き、次の横揺れで窓が開いていました。大きなガラスはヒビが入っていました。
室内の壁に数か所ヒビが入り、階段の板が真っ二つ割れているところもありました。

→ほぼ同じことが起きる


(震度6弱の例)
耐震性の低い木造住宅は、瓦が落下したり、建物が傾いたりすることがある。倒れるものもある。

地震で焦るSASAE私の体験談

震災3ヶ月前の10月に偶然にも2階部分の天井や壁を全部はがしての改装工事(耐震補強も含む)をしていたので、あちこちヒビはいったけれど倒壊はしませんでした。

でも、近所の住宅はドミノ倒し状態に傾いている家や、半壊して立て直しになったアパートもありました。

→ほぼ同じことが起きる

以上のことから、よく目にする震度階級の例は一見起こりえないぐらい恐い内容ですが、その震度の地震に遭遇した時に、実際に自分の身に起こるということが分かります。

つまり、

震度7はどれぐらいの揺れか?

震度階級・震度7兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)、新潟県中越地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、熊本地震(熊本大震災)いずれも震度7の被害に遭われた方がいて、この例とほぼ同じ経験をされた方が多いと言えるでしょう。

(出典:気象庁の震度階級参照)

考えただけでも怖くなります。

地震で焦るSASAE私の体験談

阪神大震災で震度6弱を経験した私は、帰省して被災した自分の部屋に入ると1階まで底が抜けてしまいそうな恐怖感が未だに消えません。
(その部屋で寝るんですが^^;)

自宅が倒壊することもなく、家族がケガをすることもなかったにも係らず、PTSDのような症状を抱えています。

なのでそれ以降も続く大震災のニュースを見る度に、被災者の心の傷を思うと胸が苦しくなります。

大地震が起きた時に最優先することは?

スポンサーリンク

大震災の時に重要なのは、

1
生命を守る

その瞬間、できるだけケガをせずに生き残ること。


2
健康を守る

生き残った後、救援物資が届くまで生き続けること。

「1.生命を守る」につきましては、大地震に遭遇したその瞬間に何とかして生き残ることが重要。まずは生き残ること!

たまたまタンスが落ちてくる場所に寝ていたり、上から重い物や天井が落ちてきたり…と、生死を分ける条件はいろいろですが、生存確率を上げるためには特に寝室の家具の転倒防止対策をし、あとは、

→耐震の必要性アリ。

日本は地震大国…

でも、阪神大震災より以前はそんな風に思ったことがなかったのですが。

今やどこに起きてもおかしくない時代なので、身を守るために出来ることを常日頃から考えておく必要があります。

地震で焦るSASAE私の体験談

ちなみに、実父は私の叫び声を聞いて助けなくては!と思って飛び起きたおかげで、重いタンスが枕を直撃していましたが当たることなく済みました。
現在、寝室は耐震しまくりです。

「2.健康を守る」につきましては、ライフラインが途絶えたと想定して救援物資が手元に届くまで最低3日間は自力で何とかしないといけません。

→備蓄の必要性アリ。

耐震と備蓄が生き残るSASAEだよ』では、耐震グッズ備蓄リストに関することはもちろん、私(SASAE)の経験したことや、勉強しながらまとめた情報を公開していきたいと思います。

もっと詳しい体験談や、阪神大震災が起きる前から私が感じていた前兆、そして、震災当日に震源地近くで釣りをしていた知人の話などにつきましては、順次更新させていただきます。

このブログの最新情報を
いいね!してチェック

Twitter で