防災グッズが増えてきました。おすすめ商品や置き場所について

これまでにもご紹介してきたわが家の備蓄保管庫ですが、月日を追うごとに進化してるので本記事が【最新版】です。

大震災が起きると避難所が開設され、政府からも救援物資が届きます。

よほど人口の少ない地域でない限り、たとえ何も準備していなくてもなんとかなります。でも…

防災グッズや備蓄の意味はある?

避難所に行かず自宅でライフラインの復旧などを待つ場合、救援物資の必要数が把握できず、行き渡らないこともあると聞きました。

また、自分の住んでいる地域に入る道が寸断された時は、支援や救助が遅れる可能性もあります。

私の住んでいる地域も被曝の心配のある距離に原子力発電所があり、震災時に事故があれば外から助けがすぐに来れない不安も。

万が一、しばらく自分達の備えで生きていかないといけない場合も考えて、3日間ぐらい生活できる防災グッズや備蓄食料を準備しておくことが大切です。




100均ケースで防災グッズの置き場所を作る

わが家の備蓄保管庫

防災グッズや医薬品、キャンプ用品などをこの備蓄保管庫にまとめています。

左側の明るい部分は玄関の外が見えていて、震災時に取り出しやすい置き場所になっているはず!?

100均一で購入したケースに合わせて棚の高さを調整しました。

防災グッズを買い始めた当初は、どんどん上に積みあがっていって取り出しにくい状態に…そこでケースごとに分類保管するようになりました。

こうした備蓄品は、いざという時に取り出すのは自分ではないかもしれないことを考えて、置き場所も分かりやすくしておくのが正解♪

防災グッズの棚に手作りリストを

最初、防災グッズの一覧リストを作って管理していましたが、今はケースごとにリスト化した手書きメモを貼っています。

一覧表があると頭の中を整理できて便利ですが、家族の誰が見ても棚にどんな備品が置いてあるか一目で分かるメモを貼ることもおすすめです。

キレイに分類されて並んでいるのを見ると気持ち良いのですが…

…今はモノが増えていってて雑然としてきています^^;

また整理しておきますね(笑)

わが家のおすすめの防災グッズと必要順ランキング

防災士認定や、震災の体験をもとにセットされている防災グッズもたくさん売られています。

そういった情報を参考にして、わが家は単品でコツコツと準備をしてきました。

買って良かった防災グッズについて、必要な順番にランキングしてご紹介いたします。

1位、水と食料

わが家は「純天然7年保存水」の他、備蓄食料、給水車が来た時に水をもらいに行くタンク・お湯を沸かしたり、レトルト食品を温めるグッズなどを保管しています。

私が購入した水や備蓄食料などの詳細は下記の関連記事にてご紹介しています^^

関連記事:
【保存版】わが家の備蓄食料・非常食リストとローリングストック


水と食料を最低3日分用意


1人分の目安は3ℓと言われているので、

3ℓ×人数分
を目安にしましょう。

非常食については、経験者の声を聞くと【普段から食べ慣れていない物は、喉を通らない】とのこと。

なので、食べたことがあるインスタント、レトルト食品や缶詰、お菓子なども入れておくと良いでしょう。


上記のような水や食料の備蓄はもちろん、忘れてはならないのが、

  • 水をお湯にするためのミニバーナー
  • レトルトパウチを温める道具
  • 食器類(紙製とキャンプ用食器類など)
  • ウェットティッシュ
  • サランラップ・アルミホイル
  • カセットコンロ(※オール電化のため)

など、飲食に関するだけでもいろいろな防災グッズを揃える必要があります。

※離乳食

パウチや缶詰、キューブ式粉ミルクもおすすめです。

キレイな水と温める道具も必要となります。

また、離乳食についても、欲しい時にすぐに手に入らないと困るので、赤ちゃんのいるご家庭は準備しておきましょう。

水や食料品につきましては、賞味期限がありますので、備蓄する時は注意してください。

賞味期限が切れるまで何事もなく済んでくれることを願いつつ…。

2位、トイレ・目隠しポンチョ

トイレについては、ライフラインが止まった状態で自宅避難する場合を想定しています。

わが家は、こちらの簡易トイレ(20枚入り)を購入しました。

ビニールの上に直接排泄すると通常は「」が気になるところですが、こちらの商品はあらかじめ給水シートが圧着されていて音をカットしてくれる点がポイント。

凝固剤不要」も大きな特徴。

実際に私は避難生活を経験していないので、口コミレビューを読んでみるとメリットは大きいようです。

20枚でも足りないかな…と思うのですが…(現在、20枚セットは完売)

断水しても下水管に問題なければ、置き水などでトイレを流すことができるので、この防災グッズを使うのは本当によっぽどの時かな、と。

一応、自宅で簡易トイレが使えず野外ですることも考えて、目隠しポンチョも購入しています。

…この袋を開けることなく済むことを願うばかりです。

↓断水時に自宅のトイレを流す方法。

緊急時のトイレの使用(洗浄方法)について(TOTO公式サイト)
https://jp.toto.com/support/emergency/dansui_teiden/dansui.htm

お風呂の残り湯を置いておくと火災時だけでなく、断水時にも役立ちそうですね。

ちなみに、わが家は水路の隣りに建っているので、いざとなったら水路の水が使えるなぁ、と。

…水害の不安があるので、My土のうもこの備蓄庫に入っています。
またの機会に記事に致しますが、どんな商品かだけご紹介♪

水に浸かると膨らんで、完全に乾くと乾燥して軽くなり燃えるゴミにできるのが選んだポイントでした。

トップの画像で、三段目の棚にご注目ください。
真ん中に保管しています。

土のうなのに、コンパクトでしょ(笑)

3位、救急箱と常備薬

私が購入した薬箱の中身や常備薬などの詳細は下記の関連記事にてご紹介しています。

関連記事:
【その時、生き残るために】自宅の防災対策と家族と話す心得や心構え

救急箱にいれる薬については、それぞれの家族に必要なものが違いますので、一度みんなで相談してくださいね。

災害時は、ドラッグストアも薬局も閉店する可能性が高いですし、病院は重症・重傷患者さんが優先されるので、すぐに診てもらえるとは限りません。

でも、弱った身体では過酷な避難生活を乗り切ることができませんので、何らかの治療が必要なこともあると思います。

私もついついドラッグストアが近いので家庭の置き薬がほとんどなかったのですが、いざという時に使えるように揃えました。

4位、懐中電灯・ラジオ・電池

懐中電灯はキャンプの必需品でもあるので、わが家はいろんな種類のものがたくさんあります。

電池を入れっぱなしにすると壊れやすいので、一緒に電池も保管しています。

阪神大震災の際に火を起こして外で暖をとったニュース映像を覚えているので、チャッカマンやマッチも置いています。

ところで、置き場所はココだけではいけないんですよね。

就寝中の大地震は、真っ暗闇の中、ガラスの破片が散乱する中を避難することになるので…


阪神大震災の実体験

真っ暗闇の1階キッチン横を通過して外に向かわないといけなかったのですが、食器棚から山盛りの食器が落ちてガラスの破片が…

父が裸足でなんとか玄関まで行き、家族分の靴を持って戻ってきてくれました。

この経験から、枕元に

  • 懐中電灯
  • 履物

が必要だなと実感しています。

避難することなんてめったにないだろう、と思うかもしれませんが…

震度6を体感すると、次にまた同じ揺れがきたらと思うと恐くて家に留まっていることは中々できないかも。

実は、わが家はラジオを準備できていません。

また購入したら記事をUPします^^

買うなら手回し式が良いかなと思っています。

5位、防寒対策・マスク

真冬はもちろん、夏場でも明け方は屋外は冷え込むこともあります。

  • シュラフ(寝袋)家族分
  • アルミマット
  • 貼るカイロ
  • 持つカイロ
  • レインコート(風よけや被曝対策にもなる)
  • 軍手
  • マスク

など常備しています。

さらに、100円均一のアルミブランケットも保管しています。

緊急時、自宅から避難所に持ち出す防災グッズ

私の経験では、当時、家の中はめちゃくちゃ、壁や階段の床に亀裂、窓の一部にヒビ割れましたが、ライフラインが無事でしたので自宅にいることが出来ました。

避難所には行っていませんので、実際に何を持ちだしたら良いのかの知識がありません。

調べたところ、一般的な持ち出しアイテムは以下の通りでした。


持ち出す時に必要なのはコレ!!(ご参考)

  • 非常食
  • 医薬品
  • 簡易食器セット(家族分)
  • 衣類(防寒対策)
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 現金(貴重品)
  • ローソク・マッチ(ライター)
  • ロープ
  • ビニールシート
  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 筆記用具
  • 携帯電話バッテリー
  • 洗面用具(震災時、虫歯に悩まされるそうです)

などなど。

これらの防災グッズをリュックサックなどに入れましょう。

かなりの重さになると思います^^;


わが家の備えについて

家族それぞれで分けて持てることが理想なので、わが家は、キャンプ用の大きなリュックサック3つと、頑丈な大きなアウトドア用のカバンを一緒に保管しています。

安全ヘルメットはありませんが、子ども達の分だけサイクリング用のヘルメットを置いています。

わが家は、キャンプ用グッズもあったので、必要な防災品を必要数だけ選んで少しづつ揃えてきました。

ゼロから揃えたい方には、以下でご紹介するような防災グッズのセットがおすすめ。

そのセットに足りないものを家族に必要な分だけ買い足していくのが無駄がなくて良いでしょう^^

防災士や消防士が認定した防災グッズセット

防災グッズについて調べていると、私もそうでしたが、人が備蓄しているものを見ると焦っちゃうんですよね。

同じように揃えようと思うとお金もかかるし、置き場所も悩んでしまい、結局また今度考えよう…なんてことに^^;

そこで、最低限必要なものをプロの目でセットした防災グッズをご紹介します。

そのセットに不足すると思われるものを買い足していく方法もおすすめです。


防災士認定 防災セット

被災者声を形にした防災セット【ディフェンド・フューチャー】
防災士の店長が作った商品で災害直後から3日間、生き抜くための52点の防災アイテム。

その中でも、機能満載の【ダイナモLEDラジオライト】は、ソーラー・手回し充電・USBも充電ができ、LED懐中電灯やFMラジオなどの
機能が満載です。

今ならiPhone充電用ケーブルをプレゼント中!!



女性用レディースタイプ 防災セット

防災士監修の女性が持ち運んで避難することを考えて作られた防災グッズです。

楽天ランキング

  • 防災関連グッズ 部門
  • 防災セット・非常用持ち出し袋 部門

いずれも第1位を受賞した人気の商品です。

家族の人数分を揃える中で、1つは女性が持ち運べることを考えてセットされたものにするのもおすすめ。



認定防災士監修セット

実際の災害体験に基づいて認定防災士が作りました。

楽天ランキング第1位の災害発生~3日間生き抜く為の防災セット。



ヘルメット付き防災セットDX

防災士プロデュース、防災士運営のショップの防災セットです。

楽天ランキング『防災セット部門』第1位獲得。

こちらは1人用なので、家族の必要数を自由に選べます。

どのページも画像が大きくてとても分かりやすい説明がついています。

単品で購入することを考えておられる方も、こうした防災士や消防士が監修したセットの中身を参考にして選ぶのもオススメ。

『備えあれば憂いなし』いざという時の為に平穏な今


備えあれば憂いなし

大震災のニュースがある度に、防災グッズや備蓄品の備えが充分にできているか気になります。

一度にすべてを揃えることはできないので、絶対に必要なものから順番に、と思っているので焦りはありませんが。

この先、何があるか分からないので、やはり平穏な今、少しづつでも準備をしていくことが大切だなと。

震災後は需要が高まるので納期がかかってしまうこともありますし、人気の商品は完売してしまっていることも。

世界各国、それぞれの地域によって、生命を守るためのいろいろな知識や備えが必要です。

日本の場合は、災害。

あの瞬間、生命を守るために、今できることをしていきたいですね。

このブログの最新情報を
いいね!してチェック

Twitter で