2018618日 758分。
大阪北部を震源とする震度6弱の大地震が発生しました。

阪神大震災で基礎や土台も心配な実家は、今回で2度目の震度6弱に遭遇。

おかげさまで今ようやく両実家の父母の無事や、友達や友達の実家も含めて安否確認ができてホツしているところです。

実家の両親がケガもなく無事だったのは、阪神大震災以降、父が耐震対策をかなりしっかりとしていたおかげでのように思います。

今回の大阪北部地震で2度の大震災を経験し、新たに感じたことなどを覚書の意味でも書いておきます。

…まだドキドキとしていて落ち着かないのですが、記事を書きながら冷静さを取り戻していけたら良いなと。







【追記】大阪北部地震では震度5強かな

出典:気象庁公式サイト

実家の母に地震発生時の様子を聞くと、今回は震度5強のような感覚かな。

阪神大震災以降、地震対策をしっかりとしていたので、そう感じるだけかもしれませんが。

背の高い家具や二階の部屋にあった重量のある家具はすべて処分したり、突っ張り棒をしたり、壁に止めたり補強していたのですが、その効果は絶大でした。

報道されている震度はあくまでも目安であって、住居の建っている地盤や、屋内の地震対策の差で、体感や被害は大きく変わってくると思います。

住んでいる地域の震度予想マップなどを参考に、それ以上の対策をするのが大切かもしれません。

大地震の発生から3分間で私がしたこと

私は実家で阪神大震災を経験。

大阪北部地震が来た際、今住んでいる地域は震度5エリアに近い震度4でした。

iPhoneから大きな警報音がしましたが、その時にはすでに揺れていました。

今回は、地震速報の方が遅かったです。

阪神大震災では、2階が落ちて1階が潰された住宅が多かったので、揺れとともにまずは

二階に行きました。

もちろん、スマホを持って。

最初にダンナにLINEしたのですが、アプリの地震速報を見たところ、実家辺りが震源地で震度6弱と知り身体が震えました…

一瞬、本震が続かないか様子を見て、すぐに1階に降りて

固定電話から実家に連絡。

でも、繋がりません。

この地域には繋がらないというアナウンスを何回聞いたことか…。

妹からLINEが入り、実家に近い妹の職場がめちゃくちゃになっていることを知りました。

地震発生からココまでで 3分間 のできごとです。

固定電話とLINE電話で安否確認

普段、スマホで連絡を取り合うことがメインな今。

固定電話というと、何かの書類を書く際の連絡先に必要なぐらいで、かかってくる電話というと学校やセールス。
正直、解約しても良いんじゃないかなと常々思っていました。

でも、やはりこういった大震災では、固定電話のありがたみを実感します。

実家は震源地辺りでまったく繋がらなかったのですが、何度もかけているうちにようやく繋がり、無事を確認!!

「固定電話でないと繋がらない」

とみんなからも口々に聞きました。

確かに、震源地の外からかけている私の地域から震源地の実家へは固定電話しか繋がりませんでした。(震災発生直後)

1時間以上経ってからは、友達とはLINE電話で数人話せたのですが、震災直後はどうだったんでしょう?

九州の友達が私のことも心配して(震度5範囲と出ていたようで)必死に連絡してくれていたとのことですが、LINEも固定電話もしばらく繋がらなかったようです。

↑冷静になって今思うと、コレは私も実家にかけていたからかな?(追記

震災直後は回線がパンクするので、できるだけ電話連絡を避けるように言われますが、やはり身内や友達の安否確認には必死になりますよね。


阪神大震災の時は、外に一旦非難したんですが、まだ真っ暗な中、公衆電話には行列ができていました。

当時、固定電話よりも公衆電話の方が繋がりやすいと言われてました。

私の携帯は真っ暗な中のどこかに吹っ飛んで行って持ち出せなくて、固定電話も受話器(子機)がどこかの部屋で外れて不通で、公衆電話しか手段がなく。

道行く人に10円を借りて公衆電話に並びました。

今は公衆電話も見かけなくなったので、スマホも家の電話も使えない場合に連絡手段がなくて困りそうですね。

地震対策として、普段あまり使わない固定電話は、受話器がすぐにはずれないように工夫しておくのも良いかも。

スマホは充電器とともに、寝る時もぶっ飛んでいかないところに。




大阪北部に住む実家や友達の様子

実家
震度5強~6弱地域

震災発生時に母はちょうど新聞をとりに外に出た瞬間だったようで、あまりの揺れにフェンスにしがみついて耐えたそうです。

周りに居た通行人も同じように道路にしゃがみこんでいたとのこと。

父は寝室にいましたが、阪神大震災以降、背の高い家具は全部捨てて、寝ている時に被災しても頭に何も落ちてこないようにしていた為、ケガなく無事でした。

阪神大震災の時は、私の叫び声で飛び起きた瞬間に枕にタンスが落ちてきて九死に一生を得ていたので。教訓になっています。

阪神大震災と同様に、食器棚は観音開き(両開き)のため、茶碗など割れてめちゃくちゃ。
天井の照明は電球がぶっ飛んでしまい、テレビは倒れました。

横開きのガラス戸は今回も窓ガラスが開いていたとのこと。
外壁のタイルも剥がれました。

それでも、阪神大震災よりは体感的に緩かったようです。

でもそれは、耐震対策をしていたから家の中のめちゃくちゃ度がマシだったからそう思うのかも?


オットの実家
震度6強地域

思いきり震度6強の震源地辺りとなりますが、高台で地盤がしっかりとしているせいか、かなり古い家ですがキッチンのシンクの扉があいた程度だったとのことです。

二階のタンスのガラス戸に飾っているものが倒れたので、結構な揺れを感じたと言ってました。

でも、阪神大震災の時もほとんど被害がなかった地域なので、今回それ以上に感じて怖かったようです。

阪神大震災の時も思いましたが、同じ地域でも活断層の走っている位置によるのか、ニュースで発表されている震度以上の揺れを感じる家や、そうでない家があります。

地震の多いこの日本で家を買う時は、活断層の位置を知っておくことは大切かもしれません。


妹の職場
震度5強~6弱地域

今回、地震発生から3分後にLINEのメッセージをくれたおかげで、最初に安否確認ができたのは妹でした。

LINEは繋がりやすいようですね。
私は固定電話にかじりついていましたが。

地震発生の直後はまず現場にいるもの同士の安全確保が最優先なので、返信はすぐに来ないかもしれませんが、一言いれておくのも良いなと思いました。

妹は職場の3階で被災したので、かなりの揺れを感じたとのこと。

神戸で阪神大震災を経験した上司がいたので、的確に冷静に守ってもらえたそうですε-(´∀`*)ホッ。

職場はめちゃくちゃで、水道も漏れて水浸しになったとのことで。
無事でホントに良かった。

追記
後で聞いた話によると、ロッカーが倒れるぐらいの大揺れな中、水浸しの床にタコ足配線があったので感電の心配や、湯沸しのガスがついていたので爆発の危険と、床が落ちる恐怖でかなり怖かったとのことです。

子供達は、お友達の家に待機させてもらえてるようでホッ。

職場で被災して子供達と離れていると不安大きいですよね…。


その他の友達
震度5強~6弱地域

LINEグループでそれぞれみんなが安否確認をし合ったので、すぐに仲間の無事は分かりました。

中には、通勤途中で電車に1時間以上も立ちっぱなしで閉じ込められていた友達も。

ようやく順次降ろしてもらえたとのことですが、職場にも自宅にも遠い駅なのに電車は動かないので困っていました。

電車でトイレを凄く凄く我慢してて辛かったようです。

友達の家やご実家も食器が落ちてめちゃくちゃとの声が多かったです。

観音開き(両開き)の食器棚はやはり落ちますね…。わが家もそうなので対策をしなくては。

大阪では学校が休校になっているので、お迎えに走っている友達もいますが、渋滞していて大変そうです。

こういう有事の時、まずは自分の家族や両親の安否確認からします。

次に親戚、そして友達。

LINEでグループになっているので、一斉に安否確認やお互いの身内の状況を連絡しあえるのは本当に便利だと思いました。

遠方に住む友達から直接電話をもらえたりして、久しぶりに声が聞けて、遠く離れて住んでいても心が繋がっていることを感じました。

まさか阪神大震災を経験した同じ場所の実家が、2度目の震度6弱に遭うなんて思いませんでした。

今の日本では珍しくないことになっていくのかもしれませんが…
本当に怖いです。

みんなの無事が確認できたので今、私はようやく落ち着いてきましたが、これが安否不明な状態で現地入りもできないとなると気が狂ってしまいそうです。

そう考えると、これまでの大震災で被災された方々の悲しみや恐怖が想像できて胸がギュッ…となります。

私の今住んでいる地域は南海トラフの危険性もあるので、地震対策をより一層強化していきたいと思います。

今回の大阪北部地震、今朝の揺れが本震で、もうこれ以上の大きな地震は起きませんように。

みなさんもどうぞご無事で。

追記

オットは会社にいてて無事なのですが、電車が止まっているので本日帰宅できるかどうか…。

今朝の通勤で私の友達もずっと電車に閉じ込められてしまいましたし、今も動いていないので困っている方が大勢いますよね。

早く線路の安全確認ができて、今晩はみんな自宅で疲れを癒せます様に。




このブログの最新情報を
いいね!してチェック

Twitter で